安全と快適性に貢献する


Posted by noise+

おすすめヘルメット とにかくヘルメットの重要性を知って欲しいと思います。
ヘルメットは価格差の大きな商品ですが、どれだけ安くても通常価格で1万円を切る商品はやめておいた方が無難です。
3万円までのヘルメットの価格差はそのまま安全面の差となり、3万円を越す商品の差は快適性能の差だと思って下さい。
某巨大掲示板群で言われている名言として『ヘルメットの金額は頭の値段』とありますが、言いえて妙ですね。
比較動画をみる(ページ下部)

こちらはバイク事故に関するCM

お金で買える程度の安全だ。備えは万全に…
安物のヘルメットなどで半身不随になった時に後悔しても手遅れです。
ヘルメットでけちる1万2万があなた程度の価値になりますよ

ヘルメットの使用期限

メーカーの推奨する使用期限は3年といわれています。これはヘルメットのライナーの衝撃吸収性能が落ちる為です。見掛けではわからない部分となりますので、ヘルメットは買い変えていく物と覚えましょう。また、落下など一度でも衝撃を与えたヘルメットはライナーが衝撃を吸収してしまう為、二度目の衝撃を吸収してくれません。絶対に使用しないようにしましょう。
衝撃吸収

ヘルメットの種類

半ヘルと言われるハーフタイプは125cc以下のバイクにしか使用できない為、ここでは紹介していません。使用していても警察に止められる事は稀ですが、いざと言う時に命を守ってくれず、また指定排気量外と言う事で保険が支払われない事があります。


フルフェイス

フルフェイス安全性能は一目見てわかって頂けると思いますが、実は暑苦しい見かけと違い、快適性能も他のタイプとは一線を画すタイプとなります。フルフェイスにはベンチレーションと呼ばれる空気の通り道が確保されている為、半ヘルと呼ばれる商品に対してムレが少なく、夏でも快適です。また、最近は遮音性を意識して作られている商品が多く、風切り音がとても静か。長距離を走破してもストレスを感じない物が多いです。
街乗りにぴったりなフルフェイスのおすすめは以下の3点

さらに遮音性や空力特性を極めたハイグレードのタイプであれば下の3点を強力に推してみる。
Moto GPなどでも使用されるサーキット走行に耐える製品です。

  • SHOEI X-TWELVE
    SHOEI X-12
    amazonで探す。

  • ふきだし
    SHOEIのフラグシップラインX-Elevenの後継であるトップレーシングモデルの最新作です。最高性能の快適性と安全性を併せ持つ至上最高のヘルメット。
    動画世界で最も厳しい安全規格SNELL規格認定


  • OGK FF-5
    OGK FF-5
    amazonで探す。

  • ふきだし
    コストパフォーマンスに優れるOGKカブトのフラグシップモデル。空力特性に優れ静粛性も突出したフラグシップに相応しい製品です。管理人も使用しています。
    動画世界で最も厳しい安全規格SNELL規格認定


  • AGV K-3
    AGV K3
    amazonで探す。

  • ふきだし
    MotoGPの王者バレンチーノ・ロッシが愛用する異彩を放つイタリアの名門メーカーAGVのエントリーモデル。左のモデルは管理人も愛用するバレンシア2003モデルです。
    他に類をみない独創デザイン。多様なデザインのモデルがあります。


SHOEI X11OGK FF5AGV K3

オープンフェイス/ジェット

ジェットヘルメット お手軽に乗りたい時などにオススメのジェットヘルメット。ご近所の散策などマッタリする時にご利用下さい。
軽快な見かけとは裏腹に、実はこのタイプはベンチレーションがついていないので頭がムレます。シールドは取り外し、可動させる事の出来る商品が多いですが、虫や小石で一発K.Oされるので、走行時にはシールド必須。
半ヘルよりは安全ですが、転倒時にアゴを削ればまず助かりませんので、ツーリング時にはフルフェイスを…


OGK BR-1
BR-1
MOMO Design
fighter

システム

システムヘルメット
  • SHOEI NEOTEC
  • SHOEI MULTITEC
  • OGK Valer

オフロード

オフロード ゴーグルでいくのかシールド付きでいくのか、その二択になりますね。
モデルとしても下の商品から好みのデザインで選べば問題ないです。
SHOEI VFX-W
VFX
SHOEI HORNET DS
HORNET DS

AraiやSHOEIが勧められる理由

世界最高クラスの安全基準であるsnell規格の紹介動画です。

SHOEI、Araiのヘルメットと、その他メーカーの比較動画です。
その1 youtubu
その2 youtube

過去バイク雑誌にて、ホームセンターで販売している7千円程度の商品とSHOEIのヘルメットの衝撃テストの比較記事が掲載されていました。動画の物と同じく、高所より専用の機械でウエイトを落とし破損具合を確認されていましたが、SHOEIの物は3回程度形を維持していました。もちろん1回目で満足のいく衝撃吸収性能は失われているので、3回は衝撃を与えても大丈夫と言う事ではありません。
対してホムセンのヘルメットを見るなりその技術者は「これは通常通り実験をやれば機械の方が壊れる。いつもの半分の出力で実験を行います」と、衝撃を半減させた状態で実験をスタート。結果は1回で粉々でした。守る価値のない頭だと言うのであれば止めはしませんが。自殺志願者以外は購入を控えるべきではあると思います。