DIY。自分だけのバイク


Posted by noise

ホーネット250愛車紹介

なにかおかしな事になっちゃってる愛車hornet250です。今回は主にタンクの自家塗装のやり方をご紹介します。
いきなり塗装編を見る方は右メニューからどうぞ


塗装準備。用意する物

おすすめの準備品としてはまずタンク。
イキナリ自分のタンクを塗るのもいいが、そうした場合作業中バイクに乗れない(;´∀`)そして失敗するわけにもいかない…管理人はホーネットのタンクを2台作成しましたが、タンクは3台持っています。元からついていた純正と、塗装用1、2です。
ヤフオクで凹んだタンクが数千円ですので、塗装ベースを買ってしまうのがいいのではないかと思う。→ホーネットのタンクを探す
精神衛生上タンク中が気になるならコイツ→花咲かG タンククリーナー


ここでは、タンクの補修→塗装の順に説明していきます。
恒例の必要な物一発リンクもご用意させて頂いたので、参考にして頂ければ~内容的には塗装の剥離剤から最後の仕上げの液体コンパウンドまで順番に並べてあります。[商品の詳しい説明]


>>まとめて見るならこちらから

タンクの補修。パテ埋め

タンク塗装剥離それではまずはタンクの補修作業から
凹みが凄いのならいっそ塗装を剥離してからはじめましょう。メーカーの下地はかなり頑丈に出来ているので、残せるのなら残したいところだが、一部を残すと厚さがの差が凄い(; ・`д・´)いっそ全部剥がして塗りなおした方が見かけがキレイかも
耐久度を聞かれると純正の方がハッキリ強いと思いますけど…まぁそのへんはタンクとの相談って事で。ちなみに管理人は1つ目のタンク(左上写真)は剥離。2つ目のタンク(右下写真)は剥離せずでした。
そうそう、上リンクの剥離剤はとても強力です。肌につくとチリチリと嫌な刺激が(^-^;純正塗装をデロ~ンと剥がせる剥離剤なので気をつけて下さい。
使える裏技!
実は剥離剤は溜まったカーボンの掃除にてきめんに効きます。古い2ストオフ車の排気デバイスなんかの鬱積した超頑固なカーボンもキレイに除去するので、あるとそっちにも使える。タンク補修パテ盛り


準備が出来たらパテ盛りです。一回で終わらそうなんて幻想はこの時点で叩いて捨てておきましょう。資源ごみです
まずはこれでもか!と主剤と硬化剤を混ぜます。練りが甘いと硬化が不安定。これくらいでいいだろう( ´ー`)フゥー...から30回くらいは余分に混ぜるのがコツ。そしてこれでもか!ってくらいに盛ります。パテは盛って作るのではなく、削って作るんだと覚えて下さい。溢れんばかりに盛って、乾いたら削るのです。
盛ってはペーパーで水研ぎ、盛っては水研ぎで表面を整えます。自分が許せる位まで出来たら完成。パテを盛る前など、タンクの油分を落とす為にシリコンオフして下さいね
パテ盛りに苦手意識を持っている人多いそうですが、なにも形を成型しようってわけではなく、凹んだところを周囲に合わせるだけなので、ペーパーでなで続けたら平らになってくれますよ。
使える裏技!としては
固めのスポンジにペーパーを巻きつけてならす。余分な力を入れてパテを削り過ぎないように~

NEXT >>缶スプレーでタンクの自家塗装;