DIY。自分だけのバイク


Posted by noise

缶スプレー塗装。下地作り

サフ吹きさて、タンクの準備が出来たら下地作りです。ますはシリコンオフ して油分を除去します。今後何かにつけて使いますので必ず買いましょう~
では適当にサフェーサーを吹いちゃいます。ベタ塗りしないで薄く薄くです。特に今は最初の“とりあえず”ですから。


純正色のタンクを作成する場合、最終的にはデイトナMCペイント2 X04サフェーサーシルバー を必ず吹くことになりますが、このスプレー高くて薄いんだよね(^-^;ですので、下地はホルツのサフで作っちゃいます。
なんとなく~くらいに言われている事ですが、缶スプレーはサフから上塗りまで一貫したメーカーで作る方が安心です。このページでは全てホルツで揃えています。別に99工房でも構いませんが、その場合はサフから最終の2液性ウレタンクリアまで99工房で揃えて下さい。


下地処理から仕上げ

サフで下地作り一回サフ吹いたら細かな傷は大概消えると思います。そして新たに発見した傷や凹みもある事でしょう。またペーパーかけてシリコンオフしてサフ吹きです。小傷や小凹み以外はまたパテ盛って削った方が早くて確実です。
納得行くまで何度も繰り返します。必要なのは時間と根気(;゚Д゚)ポイントはあせらない事。
塗装とは時間をかけた方が美しい物が出来る!と思います。そんな管理人はありえない程のせっかちさん。下地完成


そして納得行くまでサフ→水研ぎを繰り返したなら、ようやくカラーを考えた下地を作ります。
通常色ならグレーでもいい、発色の明るい色を塗るなら白サフ。純正色を塗るのならデイトナで指定されているサフを塗布。ちなみにキャンディタヒチアンブルーやフェニックスブルーの場合はデイトナMCペイント2 X04サフェーサーシルバーを吹く事になります。[必要な物一覧]に詳しく
サフを吹いたらとどめにシリコンオフして、仕上げの色を薄く何度も吹いていきます。乾いたら必ず2液性ウレタンクリア で頑丈な塗膜を作って完成。
ウレタンで最後仕上げておかないと塗膜が弱く傷だらけに(^-^;さらに、通常の塗装はガソリンで溶けるのでガソリンスタンドで大泣きするハメになります。そして下地にもよりますが、ウレタンクリアはやり直しが効かないと考えて下さい。こいつを塗ったら後戻りは出来ません。乾いたウレタンの上に再度ウレタンクリアを吹くと塗膜が縮みえらい事に…剥離以外に道はない
ウレタン塗装のコツは。やべ(; ・`д・´)垂れる!くらいまで吹く事。他の塗装と違い、こいつは乾くときに周囲を引っ張って大分厚い塗膜を作ります。最悪垂れても慌てない。ソレは後で削ればいいだけ。でも薄ければ吹き直しは出来ない。コッテリと垂れる直前まで、むしろ垂れるまで吹ききるのが美しい仕上げへのポイント。乾燥後に液体コンパウンドで磨くとつやつや

NEXT >>ただの塗装では面白くない